パットが上達するためのコツとして、特に重要なことを幾つかご説明しましょう。 まず、ボールではなく、カップをみて打つことです。 パットの距離感が掴めないという場合には、カップをみながら打つと距離を掴みやすいのです。 ただ、距離では無く方向性が問題でパットが入らないと言う場合は、ボールをみながら打つ方がいいでしょう。 カップをみて距離を測り、ボールに目を落としたらすぐに打つという間をとった方法もあります。 また、頭を動かさないということも大切なんです。 パットを安定させる為には、両足、両腕、手首(ブレスレットや時計などで装飾することも多いものです)、肩、全てを固定する必要があります。 パッティングフォームのままロックした状態で、肩でボールを押し出すようにして打つと安定しますが、頭を動かしてしまうと体全部が動いてしまうので、頭を動かさないようにされて下さい。 それから、パット練習の際には、色々な距離から力の強弱をつけて打つようにしましょう。 いつも一定の距離、同じ力加減で練習していると、実戦であまり役に立ちないのです。 カップの向こう側に跳ね返るくらいの強さで打ってみたり、あえてカップの手前で止まるように打ったりと、工夫して練習することをオススメしますー